KNOWLEDGES Jan 31th, 2020

ホームページをリニューアルし続けなければならない理由とは 山下亜弓(株式会社アートリー)インタビュー

OUTLINE/ 概要

一度完成させたホームページは、時間とともにリニューアルした方が良いのでしょうか。きちんとしたホームページがあるか否かは、企業のイメージに大きく影響します。ホームページを更新し続けることの意義について考えてみましょう。

新しい世代の顧客を獲得するために、ホームページも新しくする

山下:なぜホームページをリニューアルし続けなければならないのかということですが、それは事業を継続していく上で、新規の顧客を獲得していかなければならないからだと思います。リピーターの人だけが利用するのであれば問題ありませんが、10年、20年後には、ターゲットとなるユーザーの環境も変わってくるでしょう。ジェネレーションが違えば、育ってきた文化も、周囲のテクノロジーも、またセンスも異なります。すると、それまでの世代の人たちが慣れ親しんできたホームページに、ターゲットとなる新しい世代が反応を示さなくなってくるということが起こり得るわけです。

山下亜弓
ホームページをリニューアルする理由について話す山下亜弓

デバイスが進化すれば、ホームページのスタイルも変わる

山下:世代間のギャップと合わせて、デバイスの進化も経済に大きな影響を与えています。今日においてその最たるものが、スマートフォンでしょう。以前ならパソコンでホームページを見るのが普通でしたが、今はスマートフォンが主流です。パソコンでは当たり前だった文字情報の多いホームページは、スマートフォンでは細かすぎて敬遠されます。情報過多に加えて競合過多でもある昨今では、拡大しなければ読めないような小さな文字のホームページは見てもらえなくなっています。スマートフォンに慣れたフレッシュなユーザーを獲得するには、スマートフォンに最適化したホームページへのリニューアルが不可欠といえます。

経済が続く限り、ホームページも進化すべき

山下:大切なことは、時が経てば市場も変わるということです。市場が変われば、そこにいるユーザーも変わります。その中で、事業戦略は追いかけている側なのか、あるいはリードしている側なのか、成長段階のどのフェーズにいるのかを考える必要があります。これはニッチ産業であっても、大きな産業であっても同じです。ホームページは、選択する際の判断材料として消費者が絶対的に利用するものです。したがって経済が動き続ける限り、ホームページもそれに合わせて進化していくべきだと思います。

まとめ

新しいユーザー層を掘り起こすには、その層に合ったホームページを用意しなければなりません。そしてユーザーのニーズや好みは、時とともに変わっていきます。進化するデバイスや日々動いていく市場に応じて、ホームページもリニューアルし続ける必要があるでしょう。

SHARE

TOP