MENU
GUEST TALKCLIENT INTERVIEW 02

社内管理システムの
開発と導入後の変化

大矢知卓 様(株式会社アドシップ 専務取締役)
インタビュー

article_01


求人広告の代理店を行う株式会社アドシップ。EXCELで管理していた営業リストや架電データを、クラウドでシームレスに管理できる、営業支援システムを開発させていただきました。導入前と導入後の変化についてご感想をお聞きしました。



システム開発を依頼した
経緯


大矢知 様:うちの業態は、テレアポの数に比例して新規顧客の獲得件数も増えていくんですが、うちは今営業を担当している人材が3名しかいない状況で、どうやって戦っていくのかを考えていました。これまで顧客管理をエクセルで行なっていたのですが、どうしてもアナログ的なやり方になってしまうので、それをどうにか改善して他社と差をつけられないか考えていたところ、テレアポのリストをシステム化を思いつきました。
そこで架電数(電話を掛ける回数)を上げて、営業一人あたりがアプローチできる客先を競合よりも増やしていきたいと思ったのがきっかけでしたね。そこで知人からシステム開発に強い会社があると聞いてアートリーさんを紹介してもらいました。



完成した管理システム


大矢知 様:売上の数字管理、架電数の管理、スケジュールの管理、そして社内の情報共有ができる管理システムが完成しました。架電数の管理については、アポインターがキープしているリストが被らないような工夫が施されていて、上手くこちらの要望に応えていただいたと思っています。



article_02


導入後の変化


大矢知 様:1日の架電数が、エクセルで管理していた時には、平均で100件〜150件が、システムを導入してからは、架電数200〜250くらいになり、1人あたりの架電数が100件増えました。
月間の新規獲得数も、大体月間で4〜5社くらいだったのですが、今では平均で8〜9社と約2倍になっています。新規社数も倍になったことで、社員が現場で学ぶ機会も多くなり、その分経験値も上がって、また現場で新規を取ってくるという好循環が生まれているように思います。

システムを開発してから、会社の回転がだいぶ早くなったと考えています。単純にテレアポの件数が増えて営業先が増えれば、従業員の経験値も増えるわけですから。僕らが本来教えるべきことも、お客様から教わってたりとかするので、見えないところで勝手に成長している印象があります。



管理システムを
使用した評価


大矢知 様:満足しています。本来は、テレアポのスピードを上げることが目的だったんですけど、同時にお客様の状態がどうなっているのかも管理ができるので、一つの管理画面方その両方が見れてとても便利です。

残業する時間も減りましたね。マネージメントや営業という面に限らず、顧客管理とか事務作業においても、社内が全部円滑に進められているような感じです。何か困ったら今のこのシステムを見れば全部わかるような状態になっていますね。



article_02


アートリーの印象


大矢知 様:最初、取り入れたい要素をこちらで手書きで紙に書いて説明していたのですが、要望を瞬時に理解していただいて、イメージそのままのシステムが完成しました。
開発がとにかく速い印象で、制作期間は比較していた他社の半分で出来上がりました。しかもオーダーメイドで、完全自社のやってほしいことだけをピックアップしたものなのに、そのスピード感でやってくれたので「もっと早くに出会いたかった会社」と思いました。



アートリーを勧めるなら
こんな会社


大矢知 様:アートリーさんは、ホームページも含めて、僕たちが考える経営戦略の部分に付加価値をつけてくれるようなイメージです。僕らがないものを提案してくれます。なので、業種問わずに成長意欲のある企業やオススメです。成長意欲はあるけど停滞している、伸び悩んでいるような企業とかには、紹介したいなという感じはあります。
管理システムについていえば、エクセルで管理されている会社さんは特におすすめです。今回開発していただいたシステムがいかに便利で効率が良くて、会社の総合的なスピード感が上げられるかっていう点を理解しやすいんじゃないかと思います。



article_02


今回は、株式会社アドシップ 専務取締役 大矢知 卓 様にお話をおうかがいしました。お時間いただきまして、誠にありがとうございました。

佐藤 丈亮

佐藤 丈亮JOSUKE SATO

株式会社アートリーの代表取締役。
14歳で初めてホームページを作る。その後、バンドボーカル、ラジオパーソナリティ、アパレルブランドの専属モデルを経て、2011年ARTORYを創業。

ANOTHER ARTICLEオススメの記事