MENU
日本中部房地产

日本中部房地产
ポータルサイト制作

企画設計 / Webデザイン / コーディング / システム開発 / 多言語対応

chubu-and-china.com

PROJECT OUTLINEプロジェクト概要

顧客シェアを中国圏に拡大

日建コーポレーションは、名古屋市の中区・名駅・千種区・東区等のエリアを限定し、貸店舗・テナント等の物件を扱う不動産仲介業です。2027年リニア開通に先立って、近年名古屋が中国の投資家に注目され始めたことに伴い、中国人向けの不動産ポータルサイトを新設しました。日本語、簡体字、繁体字の3ヶ国語を切り替えることのでき、物件はエリア別、目的別(投資・居住)、物件種別(マンション・一棟・土地)で絞り込むことができます。また、中国で主流のコミュニケーションアプリ『We Chat』で気軽に連絡がとれるようになっています。

目的
  • 3ヶ国語で不動産情報を掲載
  • 中国人からの問い合わせ獲得
  • 名古屋の良さをコラムで配信
内容
  • サイト構成の企画・設計
  • デザイン制作(レスポンシブ)
  • CMS開発
  • コーディング
  • 翻訳(簡体・繁体)
  • 記事作成
キーワード
  • サイト構成の企画・設計
  • Webデザイン
  • 物件管理システム
  • WeChat・LINE@
  • コーディング
制作期間2017年11月〜2018年2月
日本中部房地产 日本中部房地产 日本中部房地产 日本中部房地产

DIRECTOR INTERVIEWディレクターインタビュー

“簡体字、繁体字の検索ワードで
クライアントのシェア拡大に貢献”

蒲生 徹郎

蒲生 徹郎TETSURO GAMO

名古屋エリアで豊富な不動産を扱っている日建コーポレーション。最近は不動産を探しているのは日本人だけでなく、中国人の方も多いとの事で、簡体字、繁体字での検索ワードでも流入が獲得できるよう設計しました。管理画面もユーザビリティーを考えて、日本語、簡体字、繁体字が全て同じ画面で入力できる構成にしています。中国人のお客様には、日本に移住するために購入する方と、投資用で購入する方の2種類がおり、それぞれ目的別で、エリア、物件種別(マンション・一棟・土地)を選べるシステムを組み込んでいます。これまで日本語でしか情報配信できなかったところを、違うターゲットに向けてアプローチできるサイトを新設したことで、クライアントのシェア拡大に貢献することができました。

現場インタビュー現場インタビュー

CONTACTお問い合わせ

システム開発からWeb戦略の立案まで幅広くサポートします。

戦略立案から、ホームページ、管理システムの構築まで、
事業計画やアイデアを実現するパートナーとして、
多くの方に幅広くITソリューションを提案できるよう取り組んでいます。
簡単なご質問からWEBを活用した具体的な事業計画のご相談まで承りますので、
お気軽にお問い合わせください。